不祥事

桂田精一社長の記者会見が酷すぎる⁉︎土下座で嘘泣きも?カンペ丸読みで非難殺到【知床遊覧船・観光船】

桂田精一の記者会見

 

2022年4月27日、知床遊覧船の社長

桂田精一さんが記者会見を行いました。

事故の状況などについて語りましたが、

記者会見を見た世間からは非難の声も。

土下座して謝罪した桂田精一さんですが

カンペ丸読みと感じさせる会見に対して

嘘泣きなどの声も上がったようです。

一体どんな会見だったのか確認していきます。

 

知床観光船|桂田精一社長の記者会見が酷すぎる!土下座に嘘泣きも?

記者会見する桂田精一

2022年4月27知床観光船の運行会社社長の

桂田精一さんが記者会見を行いました。

記者会見冒頭には土下座を行った桂田精一さん。

これを見た視聴者からはパフォーマンスだとの

声も上がっています。

土下座する桂田社長

スポンサーリンク



知床遊覧船|桂田精一の記者会見カンペ丸読みで非難殺到

カンペを読む桂田精一

記者会見では事前に記者に内容が書かれた

書類も配布していた様子。

会見の際には記者やカメラを見ることなく、

俯き手に持った資料を読み続けるスタイルの

桂田精一社長に対して、

カンペ丸読み

との声も上がっていました。

事故が起きてから5日後の記者会見と

いうこともあり、事前にしっかりと準備して

記者会見に挑んだと感じる人も多かったようです。

カンペを読んでいるような記者会見を

疑問に思った人も多かったようです。

スポンサーリンク



桂田精一社長は記者会見の質疑応答に応えられていない?

桂田の記者会見冒頭

桂田精一社長は事故の経緯などについては

事前に用意していた書類で具体的に説明を

していましたが、質疑応答になると状況は一変。

記者の質問に対して、

質問と合っていない回答をしている

と感じた人も多かったようです。

このことから、自分自身の判断ではなく

弁護士などが作成した資料を読み事故の説明を

したのではないかと考える人も。

慣れない場での会見ということもあり、

うまく質疑応答に対応できないのは

仕方がないことだと思われます。

カンペを探す社長

数ページにわたる資料を質疑応答の

最中に探していたことから判断すると、

事前に入念に準備してきていると思われても

仕方がないのかもしれません。

ですが、弁護士を連れず、1人で会見に挑み

事故の内容について説明することを決意した

桂田精一さんですから、できうる限りの誠意を

示したといえるのではないでしょうか。

今後の対応からも目が離せませんね。

スポンサーリンク



桂田精一の記者会見への世間の声