俳優・女優

顔画像|尚玄の結婚相手(嫁)はMayJで馴れ初めは?経歴やハーフの噂も調査

MAY J

 

結婚を発表した俳優・尚玄さんとMayJさん。

2人の馴れ初めや夫の尚玄さんの経歴が気になりますね。

今回は、尚玄さんについてお伝えしていきます!

 

尚玄の結婚相手(嫁)はMayJ!馴れ初めは?

結婚を発表したMAYJ

2020年6月20日、誕生日に結婚を発表したMay Jさん。

「この度、かねてよりお付き合いをしておりました俳優の尚玄さんと、

お互いの誕生日である本日6月20日に入籍致しましたことをご報告させていただきます。

いつも支えてくださっている皆様に感謝をお伝えするとともに、どうかあたたかく見守っていただけたら幸いです。

これからも音楽と向き合い、表現者としてより成長できるよう日々努力を積み重ねていきたいと思います。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と報告した。

引用元:http://www.sponichi.co.jp

結婚したお相手は、俳優の尚玄さんです。

本名は、

糸数尚玄

さんで、May Jさんの10歳年上になります。

尚玄

2人は同じお誕生日なんですね!

尚玄さんも自身のツイッターで結婚を報告。

尚玄は直筆で「長年親友として、よき理解者として僕を支えてくれたMay J.さんとこの度結婚する運びとなりました。

まだまだ未熟な二人ではありますが、温かい家庭を築き表現者として共に高め合っていきたいと思っています。

これまで私たちを支えて下さった方々に感謝をお伝えするとともに今後とも温かく見守っていただけたら幸いです」と報告。

引用元:http://www.sponichi.co.jp

お互いに表現者として惹かれあった可能性が高そうです。

2人の馴れ初めについては、語られていませんが、

長年の友人関係

にあったと語られています。

表現者の仲間を通して出会った可能性が高そうですね。

スポンサーリンク



尚玄とMayJはいつから交際?交際期間は10年?

May Jと尚玄

2022年に結婚を発表した2人ですが、2014年6月にお泊まり愛をスクープされています。

仲良く手を繋いで歩いている様子や、相合傘をしながら仲睦まじい様子がキャッチされています。

2014年の時点で、交際期間は1年〜2年ということなので、

2人の交際期間は10年

近くになるということですね!

長い時間をかけて愛を育んだ2人が、今回結婚という形で世間に関係を公表した。

ということになるようです。

スポンサーリンク



俳優・尚玄の経歴は?代表作は『義足のボクサー』

尚玄

尚玄(しょうげん)

  • 生年月日:1978年6月20日
  • 年齢  :44歳
                   (2022年6月現在)
  • 出身地 :沖縄県
  • 身長  :183cm
  • 学歴  :亜細亜大学卒
  • 職業  :俳優・モデル

尚玄さんは、日本だけでなく、海外でも活躍しています。

海外の映画出演することもある実力の持ち主です。

亜細亜大学卒業後は、バックパッカーをしながら、世界40か国を旅行した経験も。

その後、パリ、ロンドンなどでモデルとして活躍。

2004年に25歳で帰国した後、俳優として活動をスタートさせます。

2005年に、沖縄を舞台とした映画『ハブと拳骨』でデビュー。

演技も評価され、第20回東京国際映画祭コンペティション部門にもノミネートされた経験もお持ちです。

2008年にはニューヨークで本格的に芝居を学ぶために渡米するなど、俳優として実力をつけていきます。

日本での映画の代表作品は、義足のボクサーの実話を基にした映画

義足のボクサー GENSAN PUNCH

で、主演・製作を務めました。

構想から8年もの月日をかけて公開までたどり着いた映画というから驚きですね!

この作品について、尚玄さんは、フィリピンを飛び出しプロボクサーになる夢を追いかけた主人公と

見た目のコンプレックスを抱えながら俳優として道を切り開いた尚玄さん自身の葛藤が

重なって見えた作品なんだそう。

かなり思い入れのある作品になったようです。

スポンサーリンク



俳優・尚玄は顔濃ゆいけどハーフなの?

モデルとして活躍する尚玄

尚玄さんはかなり濃い顔立ちをしていますよね!

そのため、ハーフなのでは?

との声も多く出ている様子。

ハーフかどうかは語られていませんが、沖縄の方は顔立ちが濃いことで知られていますよね。

尚玄さん本人も日本人離れした顔立ちに悩んだこともあるようです。

尚玄さんは、

沖縄出身のモデル

としてキャリアをスタート。

モデルとしては顔立ちから重宝されたようですが、目指したかった役者としては、

日本人離れした顔立ちだったため、

この日本の業界では、君の役はないよ

そんな風に、冷たい言葉を浴びせられたこともあったとのこと。

なかなか役柄をもらえずに苦労したこともあったようですね。

見た目をコンプレックスに感じていたこともあったようです。